転職エージェントとの面談で大事なこと!職歴よりも大事なこととは?

最近は転職活動でエージェントを利用することが一般的になりました。転職エージェントでは最初にエージェント会社の方を面談をしますよね。

実は、最初の面談時の結果次第であなたに紹介される企業の質が左右されると聞いたらどう思いますか?
そして、それは職歴や資格ではない全く違う面で評価されるとしたら・・・。

そこで本日は「転職エージェントとの面談で注意すること」を解説します。これから書く内容を注意して面談に望めばきっと良い求人を紹介してくれると思います。

★★★転職先は決まったけど、退職に困ったらこの記事も参考にしてください★★★
退職代行とは?使い方から、おすすめのサービスまで全てを解説します

転職エージェントは面談であなたのどこを見ている?

転職エージェントはあなたのどこを見ていると思いますか?

履歴書・職務経歴書?

いや違います(もちろん見るのは見ますが)。

答えはめちゃくちゃシンプル。

あなたの人柄(外見・内面含め)です!

「いやいやそんなところですか?」って私のところに相談にくる転職相談者の方は驚かれます。

実は履歴書・職務経歴書は正直あまり見てないです。

エージェントが職歴よりも重視するのは人柄。

その理由を解説していきます。

なぜ転職エージェントは面談で職歴よりもあなたの人柄を重視するのか

エージェント会社も営利企業です。会社は利益を上げ続けなければいけません。

エージェントのビジネスモデルは「成功報酬型」というもの。これは例えばあなたが内定をもらった企業に入社して初めてエージェントにお金がはいる仕組みです。概ねあなたの年収の30%~50%が相場です。

つまりエージェントは誰かしらを入社させないと儲からないわけです。

だからこそ求人をたくさん紹介して面接を設定してくれるわけです。エージェント会社では「面接設定」という言葉がよく使われます。

「何人の求職者に面接を設定できたのか」という指標です。それぐらい面接の設定を大事にしています。

じゃあエージェント会社から見ると、どんな求職者が面接を設定しやすいのでしょうか。

それは「清潔感があって、嘘をつかない、誠意がありそうな人」です。

それはなぜか?

まず嘘をつかないというのは、「面接設定してもドタキャンしないか?」という点を見ています。エージェントが推薦した候補者がドタキャンしちゃったら、信頼を失いますからね。

また清潔感や誠意というのは、企業にあなたを提案するさいに「職歴は・・・(正直ここは企業もあまり気にしてない)。で人柄もめちゃくちゃ良い人なんで是非会ってください!」というプッシュができるかどうかを見ているわけです。

職歴ってよっぽど特殊な経験をしていない限り、正直あまり差異はないんです。だって企業はあなたの職歴はもちろん見ますが、それよりも「入社後、今の職場の人を上手くやってくれるかな?」ということを気にしますからね。

素晴らしい職歴の方でも癖がありそうな雰囲気の人は企業からNGをもらいやすいですね。日本企業は和を尊ぶ文化が強いですし、保守的な上司が多いので面倒をかけそうな人は職歴が良くてもおとすんです。

転職エージェントとの面談で人柄をよく見せるための方法とは?

結論から言いますと、シンプルに2つ
・清潔感
・嘘は絶対つかない

です。

えっ?こんなこと?って思うかもしれませんが、案外エージェントに面談に来る人は、「今日は企業の面接ではないから」という考えで私服できたり、無精髭のまま来たりと、油断している人が多いです。

ぶっちゃけ、そのような人は△マークですね。本気度感じられないですしね。

あと嘘は絶対つかないほうがいいです。その嘘を繕うために新しい嘘をつかなければいけないですし、エージェントはほぼ間違いなく見抜きます(言いませんが)。

仮にバレなくても、その嘘がエージェントを通して応募先に伝えられた場合は、そこに入社してからが大変です。

最後になりますが、エージェントがあなたに親身になるのは、親身になるだけのメリットがあるからです。

しっかりその点を意識してエージェントを利用するぐらいの気持ちで望みましょう!

★★★転職先は決まったけど、退職に困ったらこの記事も参考にしてください★★★
退職代行とは?使い方から、おすすめのサービスまで全てを解説します

シェアしてね!