転職の口コミサイトは信用できる?について解説します

転職活動をすると、興味がある企業の口コミをつい見ちゃいますよね。

良い口コミもありますが、気になるのは悪い口コミ。

「残業が多い」「休みが取れない」「パワハラが横行している」と言った内容が書かれていると、本当にこの企業に入社して良いのか迷ってしまいます。

一方で「口コミの内容は本当なのだろうか?」とも思いませんか。

実は私は以前、某転職口コミサイトの運用に関わった経験があり、口コミについては他の人よりも詳しいです。

そこで今回は、転職の口コミサイトが信用できるのか?について解説をします。

この記事を読んでいただければ、転職の口コミサイトの見方がわかると思いますので、是非ご一読ください。

転職の口コミサイトで悪い内容がほとんど事実な理由

転職サイトで書かれている口コミで悪い内容はほとんど事実です。

まずは、転職の口コミサイトで悪い内容がほとんど事実な理由について解説します。

転職の口コミサイトで嘘を書いてもメリットがない

転職サイトは匿名での投稿がほとんどですが、誹謗中傷の度合いが高い場合、企業側から訴えられるリスクがあります。

もちろん真実であれば問題ないですが、全くの嘘であれば営業妨害で投稿者を特定され兼ねませんので、嘘を書くメリットは全くありません。

転職の口コミサイトで良い内容は半信半疑で見よう

良い内容の口コミについては半信半疑で見たほうが良いでしょう。

もちろん本当のことも書かれていますが、企業によっては社員に命じて良い内容を投稿させている場合もあります。

数としては少ないですし、有りもしない内容を書くことはありませんが、かなり脚色されている可能性がありますので、一歩引いて見ることをおすすめします。

転職の口コミサイトの悪い内容は真実がほとんどだが、あなたに当てはまるかは別問題

転職の口コミサイトに書かれている悪い内容は真実がほとんどだと解説しました。

しかしここで重要なのは、「書かれている悪い内容が、あなたに当てはまるかは別問題」ということです。

詳しく解説します。

極少数の人が書いているのか、多くの人が書いているのか

例えば「ボーナスが出ない」「休みが取れない」「パワハラ体質」と言った悪い内容は、転職の口コミサイトであるあるの投稿です。

ここで重要なのは、「同じような投稿を何件あるのか?」ということです。

よくあるケースは、特定の人しか書いていない場合です。

1人・2人だけの投稿であれば信憑性は、あまり無いでしょう。

例えば、「残業が多い」というのは、会社として常態的に残業が多い場合もあります。

一方で、投稿している社員の生産性が低いだけという可能性もあります。

悪い内容の投稿は不満の吐口でもあると言いましたが、自分のスキルの低さは棚に上げて、会社の問題として投稿する人は案外多いのです。

そのため、1人・2人の投稿だけ見て判断するのではなく、多数意見としてどのような内容なのかを見る習慣をつけましょう。

転職の口コミサイトを見るには、自分で投稿が必須

転職の口コミサイトを全て見ようとすると、会員登録と合わせて投稿が必要な場合があります。

口コミを見ることが目的なので、投稿内容はいい加減になりがちです。

しかも、投稿する人の心理としては悪い内容の方が書き込みしやすいものです(誰でも何かしら不満を持っているため)。

個人の不満が、あたかも会社全体の内容として書かれやすい仕組みとなっているのです。

まとめ 信用するかはあなた次第 1つの意見として見るに留めよう

転職の口コミサイトの内容を信用するかどうかは、結局はあなた次第です。

ただここまで書いてきた通り、悪い投稿内容=個人の不満である場合も多いことは知っておくと良いと思います。

全てを鵜呑みにすると、どの企業にも転職できないと思います笑(どの会社も悪い内容は必ず書かれているため)。

私も転職するときに「転職会議」で転職先の投稿を見てました。

悪い内容はもちろん書かれていて、正直気にはなりました。

しかし入社して見ると「あー書かれてた内容はこういうことか。確かに本当だけど自分にとっては大したことないな」と思うことが多かったです。

私の経験からしても、転職の口コミサイトは参考にはしつつも、本当に会社全体のことを表しているのかを、他の口コミを見て判断するようにしましょう。

シェアしてね!