履歴書の証明写真を解説!撮り方・サイズ・服装・背景など

履歴書の写真は「あなたの印象」を決める大きな要素です。

履歴書に良い内容が記載されていたとしても、証明写真の印象によっては不合格となることもあります。

したがって、履歴書の証明写真は、少しでも好印象な服装や髪型にしてから撮るのはもちろん、撮影方法や貼り方にも気を配らなければなりません。

そこで今回は、履歴書の証明写真について徹底解説します。

撮り方・サイズ・服装・背景などを細かく解説しますので、撮影ポイントをしっかり押さえて採用担当者に好印象な履歴書写真を撮りましょう。

★★★転職先は決まったけど、退職に困ったらこの記事も参考にしてください★★★
退職代行とは?使い方から、おすすめのサービスまで全てを解説します

履歴書の証明写真の基礎知識

まずは履歴書の証明写真における基礎知識を解説します

履歴書の証明写真の規定サイズは縦40mm×横30mm

履歴書の証明写真のサイズは、縦40mm×横30mmです。

写真の貼り付け枠に記載されていますので、必ず守りましょう。

枠に対して小さすぎたり、はみ出したりしていると見栄えが悪いので、必ず枠におさまるようにしましょう。

また、写真館やスピード写真で撮影するさいには、「履歴書用」を選択すると縦40mm×横30mmでプリントされます。

撮影時期は3ヶ月以内

履歴書の写真が手元にないため、数年前に撮影した証明写真で済ますことは辞めましょう。

髪型・体系・顔の印象は自分が思っている以上に数か月で変わります。

規定があるわけではないですが、最長でも直近3ヶ月以内の撮影した写真を使用しましょう。

背景色はブルー、グレー、白がベスト

履歴書の証明写真の背景色としてベストな色は、ブルーかグレーもしくは白です。

薄い色味のブルー、グレーは、顔の色や表情がはっきり写る傾向にあるのでオススメです! 白はこの3色の中で最もプレーンな印象になりますが、背景が明るく写り過ぎる場合があるので注意しましょう。

履歴書の証明写真の撮り方を解説

履歴書の証明写真に関する基礎知識の次は、見栄えのよい証明写真を撮るための服装や髪型について解説します。

女性の場合 履歴書写真のOK例・NG例(服装、髪型など)

■髪型

OK…… 前髪やサイドの髪が長い場合は、表情が見えるように耳に掛けている
NG…… 染めた髪が伸びすぎてムラになっている場合や髪の毛が長すぎる

■メイク

OK…… ほんのり色のついたリップやチークを入れて健康的な顔色になっている
NG…… すっぴんやつけまつげ、カラーコンタクト着用

■服装

OK…… 落ち着いた色味(黒、ネイビー)のスーツ。ジャケット着用
NG…… ノージャケット

■表情

OK…… 口は閉じて口角はきゅっと上げている
NG…… 無表情、上目遣い、あごを引き過ぎている

■姿勢

OK…… 正面に向かって、ピンと背筋を張っている
NG…… 猫背、顔が前に出すぎている

男性の場合 履歴書写真のOK例・NG例(服装、髪型など)

■髪型

OK…… 程良く短髪。ワックスで軽くまとめている
NG…… 寝癖がある、髪の毛が立ち過ぎている

■服装

OK…… 黒またはネイビーのスーツで白地のシャツ、派手過ぎないネクタイ。シャツのボタンが留まっている、ネクタイがきっちり締まっている
NG…… ボタンダウンのシャツ

■表情

OK…… 口は閉じて口角はきゅっと上げている
NG…… 無表情、上目遣い、あごを上げ過ぎている

■姿勢

OK…… 正面に向かって、ピンと背筋を張っている
NG…… 猫背、顔が前に出すぎている

NG例対処法

■髪型

×…… 染めた髪が伸びすぎてムラになっている
○…… 事前に染め直すか、一つにまとめて目立たないように

×…… 前髪が目や眉に掛かっている
○…… 前髪を分ける、流す

×…… 寝癖や無造作ヘア
○…… クシでといた自然なヘアに

×…… 立ち過ぎたツンツンヘア
○…… 程良くワックスでまとめたヘアに

■服装

×…… シャツの第一ボタンが留まっていない、ネクタイ、襟が曲がっている
○…… シャツは第一ボタンまできっちり留めて、ネクタイ、襟は少しのゆがみもないように

×…… ボタンダウンのシャツ、派手な柄のネクタイ・スーツ、ノーカラージャケット
○…… シャツはボタンダウンを避け、ネクタイ・スーツも派手過ぎないものを。女性は襟のあるジャケットを選ぶ

■表情

×…… 無表情
○…… 口は閉じたまま、軽く微笑む

×…… 見下ろすような目線や上目遣い
○…… あごを程良く引く

■姿勢

×…… 猫背
○…… ピンと背筋を伸ばす

×…… 肩が上がっている
○…… 真っすぐに肩が揃っているか鏡で確認する

証明写真はどこで撮るのがベスト?それぞれのメリットデメリットを解説

証明写真を撮る場所やツールはいろいろありますが、履歴書に貼る証明写真は、どこで撮影するのがベストなのでしょうか?それぞれの撮影料金の相場とともにご紹介します。

写真館

プロのフォトグラファーによる撮影。なんと言っても仕上がりがきれいです。

「ネクタイが曲がっていた」「目を閉じてしまった」といったミスもありません。

また、撮影した写真はデータでもらえるオプションもあるので、複数の企業に履歴書を送る際などにはとても便利です。

価格:6500円(一例)
所要時間:約60分

デメリット

コストと時間がかかる点は、デメリットといえるでしょう。

スピード写真

スピード写真のメリットは、やはりスピードと安さです。駅前等に設置されたスピード写真機を使えば、長くても10分ほどで撮影が完了しますし、800円前後で証明写真を手に入れることができます。

また、最近では写真機の性能も向上しており、肌をキレイに見せる美肌補正機能などが搭載されているモデルもあります。

価格:800円前後
所要時間:約10分

デメリット

性能が向上したとはいえ、まだまだ写真館と比べるとクオリティは落ちてしまいます。また、客観的なアドバイスがもらえない点もデメリットといえるでしょう。

まとめ

履歴書の証明写真は、書類選考を勝ち抜き、面接に進むための印象を決める重要なものです。可能な限り、時間とお金を惜しまず、最高の証明写真を撮影することをお薦めします。

好印象の証明写真を撮影・貼付し、ぜひ転職活動を成功させてください。

★★★こちらもオススメです★★★
【プロが選ぶ】おすすめ転職サイト3選

★★★転職先は決まったけど、退職に困ったらこの記事も参考にしてください★★★
退職代行とは?使い方から、おすすめのサービスまで全てを解説します

シェアしてね!