住宅ローン審査と勤続年数の関係を解説します

住宅ローンを借りるときには、審査で返済ができる人かどうかをさまざまな面から詳しく調べられます。

金融機関が独自で定めている貸し付けの基準を満たさないと住宅ローンを借りることができません。

審査項目はたくさんありますが、その中に勤続年数という条件があります。勤続年数が住宅ローンにどのように関わっているのか解説します。

【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

住宅ローンを借りるときの審査基準

住宅ローンを借りるときの審査では、年収や借り入れるときの年齢、完済するときの年齢、さらに健康状態や担保の価値などさまざまなことをチェックします。

20年から30年と長い期間にわたって決められた金額を返済できるのか、慎重に判断されます。  

住宅ローンの審査をするときに、どの項目に重点を置くかというのは金融機関により異なります。

しかし、借入時年齢や完済時年齢、健康状態などとあわせて勤続年数は多くの金融機関が重視する点です。

1つの勤務先に長く勤めているということは、安定した収入を得られていて、今後昇進して給与も上がる可能性があり、住宅ローンを支払いつづける能力があるとみられます。

勤続年数が1年未満などあまりにも短いと、審査に通らなかったり借り入れる金額が減らされたりすることもあります。

勤続年数は何年あれば大丈夫?

勤続年数は何年あれば審査に通るのでしょうか。

転職を考えている人で、家の購入もあわせて検討している人は、タイミングも見計らう必要があるかもしれません。

多くの金融機関で勤続年数は、1年以上を目安に考えられています。

転職したばかりの人や、正社員で働き始めたばかりという人は、十分な返済能力がないと判断される場合があります。  

しかし、金融機関によっては勤続年数を審査基準としていないところもあり、1年以下でも住宅ローンを借りることができる場合があります。

 1年以上の次に望ましい勤続年数を3年と考える金融機関が多くあります。

3年以上勤めているとより安定した収入を得ていて、社会的に返済能力があると認められることを覚えておきましょう。

とはいえ、住宅ローンの審査は、勤続年数が長ければ通るわけではありません。

そのほかのいくつもの審査基準をクリアしてはじめて住宅ローンを借りることができます。

金融機関によって勤続年数の条件には違いがある

多くの金融機関で勤続年数を審査基準に取り入れていますが、金融機関によってその期間はさまざまです。

大手の金融機関でも勤続年数の制限を設けていないところもありますし、6ヶ月や2年以上という条件をつけているところもあります。

自分の状況を考えて審査に通りやすい金融機関を選ぶことも大切です。

勤続年数が1年未満の場合はどうすればいい

勤続年数が1年に満たない人が住宅ローンを借りる場合、審査基準に勤続年数を入れていない金融機関に申し込むようにしましょう。

勤続年数の制限のない大手銀行や、制限があっても、1年に満たない人は入社した月から直近の給与明細を提出すれば、認められるところもあります。

大切なのは嘘の申告をしないことです。勤続年数が短いからといって虚偽の申請をしても、その後の調査で必ずわかります。

単なる申告ミスであれば修正すればいいのですが、悪意を持って虚偽の申告をしたことがわかると、たとえ審査基準を満たしていても、信用を失い融資を受けることができなくなってしまいます。

また、審査の期間に転職する予定がある場合は、必ずそのことを金融機関に伝えておきましょう。

住宅ローンを借りるときは勤続年数も考慮される

住宅ローンを借りるための審査項目は、多数あります。

その中でも9割以上の金融機関が、勤続年数についても調査し、判断基準の一つに組み入れています。

しかし、中には勤続年数の制限をしていない金融機関もあるので、必ずしも就職した新卒の人や転職したばかりの人が融資を受けられないわけではありません。

もしも、住宅ローンの審査に落ちた場合は、勤続年数の制限がない金融機関に改めて申し込みをするか、

同じ金融機関を利用したいのであれば半年以上経過してから再度申し込みをしてみるといいでしょう。

【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

シェアしてね!