学歴フィルターの実態とは!Fランク大学でも内定はもらえます

上位校の学生であれば関係ありませんが、それ以外の大学生にとっては、自分の志望企業が学生フィルターをしているのかどうか気になりますよね。

またそもそも自分の大学レベルでも内定を貰えるのかと思ったりしませんか?

そこで今回は学歴フィルターの実態と、Fランク大学でも内定をもらう方法を解説します。

巷の一般的な学生フィルター論はほとんど書きません。なぜなら、ほとんどの記事が表面的で、「いやいや、それ知ってるし!」という内容ばかり。

また、長年採用コンサルタントをしていた私からみると、間違っている内容があまりにも多いからです。

企業の新卒採用に携わってきたからこそ言える内容ですので、是非参考にしてください。

※自分1人だけで就活するのが難しいと思ったらプロに頼るのも有効なやり方ですよ!
最短1週間で内定獲得した人も・・・
→→【全て無料】キャリアチケット

学生フィルターの実態とは

まずは学歴フィルターの実態を理解しましょう

学歴フィルターとは

よく聞くのは「大学でフィルターをかける(=足切りする)」というもの。

はっきり言いますが、そもそもこれが大きな間違いです。

他の記事で学歴フィルターをそう解説していたら、書いている人の信頼性を疑いましょう。

正しい学歴フィルターの捉え方としては、「学歴フィルターをかける(=採用TG校の採用目標を設ける)」です。

大学名で足切りされることはありません。

例えば採用目標が300人の企業があった場合、2割は○○大学以上の学生と言ったイメージです。

残り8割はフラットに採用をします。

一昔前前なら足切りがあったのは事実です。

しかし人気企業であればあるほど、学校名だけで入社後の優秀さは判断できないことを理解しています。

何故なら人気企業ほど採用への知識や考え方も最先端を走ってますので、大学名だけで足切りするような愚かなことはしないからです。

ここは大事なので再度言いますが、大学名で足切りされることは絶対ありません。

足切りがなくても上位校の学生が有利な理由

「そんなこと言っても、人気企業は上位校の学生しか採用してないじゃん」と言う人もいるかと思います。

しかしそれは、学歴フィルターとは全く関係ない理由です。

人気企業であればあるほど志望学生は多いですよね。

そのため学生を絞る上でも、適性検査のハードルやESのハードルは高く設定されています。

上位校は就職センターが充実していたり、そもそもの学力が高かったり、周りに意識高い学生がいて学生時代から就活でアピールできる活動をしていたりと、学歴フィルターとは関係ない点で有利になっているのです。

逆を言うと、Fランク大学の学生でも周りに流されずに就活に対して真面目に取り組めば、人気企業から内定をもらえる可能性は全然あるのです。

人気企業の人事の声は

私は採用コンサルタントとして人気企業の採用支援をやっていましたが、人事担当から、

「学歴で足切りはないね。だって上位校の学生でも入社した後活躍できない子は多いし、新卒はポテンシャル採用なので学校名だけで採用を決めるなんてことはしないよ。」といった話をよく聞きました。

一方で「結果的に上位校の学生が多くはなるのは事実。ただそれは、面接に至るまでの過程で、ハードルをクリアできるのが結果として上位校の学生だったということ」とも言っています。

つまり、就活に対する取り組みや意識が高ければ、どんな学生でも人気企業や大手企業から内定はもらえる可能性はあるということです。

学歴フィルターに負けず、大手人気企業なら内定をもらう方法

「でも、自分の大学は周りの学生も就活に対して意識低いし、就職支援もあまり無いから、どうしたら良いの?」と思う人もいるでしょう。

そんな人は就活サービスを利用しましょう。

具体的なサービスは下記を参考にしてください。

就活サービスを使うメリットはたくさんあります。

まずは就活支援のプロから無料でアドバイスをもらえる点。

ES対策や面接対策などは当たり前ですが、大手・人気企業の企業ごとの対策をレクチャーしてくれるところもあります。

大学からの支援が心許ない人は積極的に使ってみましょう!

また2つめのメリットは大手・人気企業の求人に応募できる可能性があるということです。

就活サービスはそれぞれ大手企業とパイプを持っています。

例えば新卒エージェント経由で応募すれば、エージェントがあなたの魅力や強みを一緒になって考えてくれますし、企業への推薦もしてくれます。

まとめ 勝負する前から諦めるのはダメ

正直、人気企業は倍率が高いので学生フィルターの有無関係なくハードルは超高いです。

ただ、真面目に就活に対して情報収集して取り組めば、内定を貰えるチャンスは意外と多いです。

勝負するために諦めるのは辞めましょう!

学歴フィルターの間違った解説をしている人が、あまりにも多く残念ですが、正しく理解して就活サービスなど利用すれば、チャンスはたくさんあります。

是非参考にして頑張ってください!

シェアしてね!