【例文あり】就活で書く履歴書・エントリーシートの疑問!「貴社」と「御社」の違いや書き方を解説します

就活で必ず書く「履歴書・エントリーシート」。以前新卒エージェントの仕事をしていたときに、「企業名のことを「貴社」と「御社」のどちらを使えばいいのですか?」とよく学生から質問をうけました。

確かにどちらも意味は通りますし、違いもよくわからないですよね。

そこで今回は貴社と御社の違いや書き方を例文つきで解説します。

エントリーシートは「貴社」が正しい?

企業を指す言葉として「貴社」と「御社」があります。どちらも敬う呼び方ですが、この二つの違いを理解し、正しく使い分ける必要があります。就職活動の際の提出書類に「エントリーシート」がありますが、エントリーシートには御社ではなく貴社を使います。

エントリーシートのほかに履歴書やメールなどでも御社ではなく貴社を使いますが、果たして貴社と御社にはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは貴社と御社の違いや、貴社を使う際の注意点について紹介します。

貴社と御社、弊社との違いについて

貴社と御社の大きな違いは、話し言葉か書き言葉かという点です。貴社は書き言葉、御社は話し言葉のため、エントリーシートや履歴書などの書類には貴社を使用します。しかし、貴社はあくまで一般企業に対して使う言葉のため、志望先の業界や種類によっては別の言葉を使うケースもあることを覚えておきましょう。

就職活動の際、提出書類には貴社を、面接などでは御社を使います。間違えやすい言葉として「弊社」があります。弊社は貴社や御社と同様に企業を指す言葉に違いありませんが、自分が働いている会社のことを指すため、企業に所属するまで使う機会はないでしょう。提出書類や面接では、貴社と御社、さらに弊社の意味を正しく理解し、使い分けるようにしましょう。

メールや履歴書は「貴社」を使う

前述したように貴社は書き言葉であるため、エントリーシートのほかにもメールや履歴書などで使用します。メールで志望先の企業に連絡する際は、話し言葉である御社ではなく、貴社を使うのが一般的マナーです。注意したいのが、「貴社様」とは書かず、そのまま「貴社」と表現する点です。貴社という言葉はそれ自体が敬称であるため、「様」をつけてしまうと二重敬語となり、正しい日本語ではなくなります。

メールでは本題に入る前に挨拶文を書くことがありますが、その際は「貴社ますますご清栄のこと」などから始めるとていねいでしょう。

銀行や学校など「貴社」以外を使う場合に注意

エントリーシートでは、一般的には貴社を使いますが、銀行や学校法人、官公庁に対しては使用しません。銀行や信用金庫の場合は「貴行」、学校法人は「貴校」もしくは「貴学園」と書くのが一般的です。ほかにも、官公庁の場合は「貴省」「貴庁」「貴局」、病院の場合は「貴院」、財団法人や社会法人の場合は「貴法人」と書きます。志望先によって呼び方が異なるため、一般企業以外に就職を希望している場合は事前に確認するようにしましょう。

「貴社」と「御社」の混在はNG

エントリーシートでは貴社を使用しますが、もし御社と書いてしまっても、そのことが理由で不採用となることはないでしょう。しかし、文章に貴社と御社が混在していると読みづらくなる可能性があります。貴社または御社で統一されているかどうか、最後に必ず確認するようにしましょう。

「貴社」を使った例文

貴社という言葉は、「貴社を志望した理由は~」「貴社の企業理念では~」のように、志望動機や自己PRなどでよく使われるでしょう。以下は、貴社を使った志望動機の例文です。

AIなどIT技術が注目される現在、経済や社会に与える影響の大きさに魅力を感じており、貴社のSE職を志望しています。 貴社は「○○」という理念の下、社員一人一人の自主性と創造性を重視しています。日々進化するIT業界においてスピード性と柔軟性を持って対応されており、その個々人の能力と組織力の高さに魅力を感じました。私は大学院でプログラミングの研究を行っており、貴社のさらなる技術革新に貢献できると考えております。

(引用元:エントリーシートの志望動機の書き方|伝えるべき項目や例文5つをご紹介 | 就活の未来)

もし「御社」を使ったらどうする?

御社と貴社の違いが分からず、エントリーシートに御社と書いてしまうこともあるかもしれません。その場合、修正をせずに提出してしまうと面接官から「常識を知らない」と思われてしまう可能性があります。書き間違いに気づいた場合は、なるべく修正するのがいいでしょう。

修正ペンは使わない

エントリーシートの誤字脱字は、面接官にマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。しかし、エントリーシートを修正する際に修正ペンや修正テープを使うと、さらにマイナスのイメージを与えてしまうことが考えられます。修正ペンや修正テープは、書類を簡単にねつ造することができます。そのため、重要な書類を修正する際に修正ペンや修正テープを使うと、手抜きやマナー違反と受け取られかねません。エントリーシートなどの重要書類を修正する際は、修正ペンや修正テープの使用は避けるようにしましょう。

できれば新しい用紙に書き直す

エントリーシートの作成には、時間をかける方も多いことでしょう。そのため、修正する際には時間を節約し、間違っている部分のみを修正しようとする方もいるかもしれません。しかしエントリーシートは重要な採用書類であるため、修正する手間を省いてしまうと面接官の印象も違ってきます。もしエントリーシートに御社と書いてしまった場合は新しい用紙に書き直すようにしましょう。

エントリーシートの替えがない場合は、正式な方法に倣って修正するのが一般的なマナーです。間違えた箇所に二重線を引き、訂正印を押せば修正することができます。訂正印にはシャチハタを使用しないようにしましょう。また訂正は多くても3カ所以内とし、それ以上の場合は新しいエントリーシートを請求する方がいいでしょう。

採用に影響はない?

御社と貴社を書き間違えてしまったことが、合否を左右することはないでしょう。しかし、採用に影響がなくても評価が下がってしまう可能性はあります。企業から内定をもらう確率を上げるためにも、修正できる場合は新しい用紙に書き直した方がいいでしょう。

エントリーシートでは貴社と御社を正しく使い分けよう

エントリーシートは就職の際に欠かせない重要書類です。貴社と御社の違いは書き言葉か話し言葉かですが、書き間違えてしまった場合は新しい紙に書き直すのがいいでしょう。志望先の企業によっては貴社や御社以外の言葉を使う可能性もあるため、前もって正しい敬称を調べるようにし、エントリーシートに正しく記載するようにしましょう。

シェアしてね!